こども保険は、子供の教育資金などを計画的に準備するための保険で、学資保険、教育保険などという名称も使われています。

こども保険は、親や祖父などが契約者となり、子供を被保険者として契約し、満期時に子供が生存していれば満期保険金が支払われ、死亡時には死亡給付金が支払われます。
保険期間としては、高校卒業時の18歳、あるいは、大学卒業時の22歳が主流となっています。

最近のこども保険には、満期保険金のほか、祝い金や育英年金などがついているものも多いようです。

<祝い金>
満期になる以前にも、幼稚園、小学校、中学校、高校入学時に一定の金額が祝い金として始終されます。
祝い金はその都度受け取るものですが、受取を据え置くこともできるのが一般的です。
据え置いた分にはもちろん所定の利率で利息がつきます。

<育英年金>
保険期間中に親が死亡した場合、その後の子供の教育のために、毎年一定額の年金が満期まで育英年金として支払われます。

こども保険