人生の節目における保険の選び方

保険を見直す必要性

人生の大きな節目としては、就職結婚子供の誕生定年退職があり、この節目の時、あるいはこれを見据えての保険の見直しが必要になります。
最初の「就職」はともかくとして、他の節目においては、その前後で生活の変化とともに必要な保障も大きく変わるからです。
「結婚」によって家族が形成され、「子供の誕生」では責任を持つべき家族が増え、「定年退職」の後、多くの人は年金に依存する生活になります。

生命保険の「保障」を見直すという作業は、経済的な意味でも人生における大きなイベントに違いないのですが、「マイホームを買う」というイベントと違って、何か新しい生活とかが始まるわけではないので、あまり積極的に検討したりする気になれないかもしれませんが、万が一の時に備えるというのはとても大切なことなのです。

保険を見直すタイミング

生命保険を選ぶ際には、30代・40代・50代という年代で考えるよりは、このように生活が大きく変わる人生の節目で考える方がわかりやすいでしょう。
同じ年代でも、独身、既婚、子供の有無によって、必要な保障の内容が違ったものになってくるからです。

人生の節目での保険選び

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ