生命保険の見直し

人生において、生命保険に加入する最初のタイミングとしては、社会人になった時が第一にあげられます。
ただ、その時期に生命保険の加入に興味のある人はあまりいないと思います。
職場に出入りしていたり、知り合いだったりする保険外交員に声をかけられ、何もわからないままに加入するケースが少なくないと思います。
そんなケースでは、月々の支払いがいくらで、死亡保険金がいくら、年金タイプの場合は受取金額が何歳からいくら、ぐらいしか頭に残っていないのではないでしょうか。

例えば、定期保険部分が10年更新で、更新時には保険料が大きくアップする、という基本的なことすら理解していない人もいるかもしれません。
20代の頃は病気や入院の給付金にさえ興味がないのが普通で、自分の保険証券をじっくり見たことがない人も少なくないでしょう。

生命保険の見直しの必要性

ライフプランは長いスパンで大きく変化していくものです。
保険は、自らの生活に合わせて、何か変化があった時の見直しや、将来を見すえての見直しが必要になります。

社会人になったばかりで独身の時に加入した人は、結婚などのタイミングで保険を見直す必要が当然出てきます。
また、30歳代の時はバランスがよくても、それが10年、20年たつうちにそのバランスはくずれ、無駄な部分や足りない部分が必ず出てくるものなのです。
ただ、見直せばいいからといって、あまり考えずにあわてて見直してしまうと、取り返しのつかない大損をしてしまうことにもなりかねません。

一時に大金が出ていくわけではなく、月々の支払いなので、あまり意識できないかもしれませんが、生命保険は非常に大きな買い物です。
見直す場合は、やはり自分なりに保険のことを研究する必要があります。
まずは、いろいろな商品を比較してみるといいと思います。

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ