定期保険

定期保険は、被保険者が保険期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われるもので、満期時に被保険者が生きていても満期保険金の支払いはありません。
定期保険という名称のとおり、定期保険には保険期間が定められています。
10年、15年、20年というように期間を定めている場合と、60歳などという年齢で期保険間を定めている場合があります。
配当があるタイプと無いタイプがあり、配当があるタイプは満期時に配当を受け取ることができます。

定期保険には、満期時に被保険者が生きていても満期保険金の支払いがないため、保険金の掛け捨てというイメージがあり、いろいろな保険を組み合わせた総合型の生命保険の場合、定期保険部分を「掛け捨て部分」という呼び方をしたりする場合もあります。
この部分は万が一のことがあった場合、安い掛け金で大きな保障を得るために必要な部分です。
この部分を全て貯蓄に回しても万が一の場合に充分な金額にはならないでしょう。
このように、定期保険は保障という機能に特化した保険であり、その時の家族の生活に必要な保障を得るという目的のみで考える必要があります。

定期保険

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ