生命保険の基礎知識

生命保険は、年金や健康保険などの公的保険や預貯金などによる保障では充分ではない部分を補ったり、カバーできない部分を保障するために加入する保険です。
厳しい経済情勢が続く中で保険も予定利率の引き下げが続き、家計の見直しが必要とされる昨今、保険もその要素の一つとしてあげられています。

ただ、保険を見直しするためには、どうしても最低限の知識は必要になります。
定期保険、終身保険、養老保険の3大保険に対する正しい理解はもとより、医療保険や介護保険など、その他にも重要な保険が多数あります。
さらに、単独の保険と同じ機能を持った特約なども様々な形態があり、保険会社もしのぎを削っているため、常に新商品が投入されます。
そんな状況の中、自分にとって適切な保険を選ぶのはやさしいことではないかもしれません。

ここでは、生命保険への加入時・見直し時に必要となる基礎知識をわかりやすく解説します。

生命保険の基礎知識

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ