生命保険の専門用語

生命保険を選んだり、見直したりする上で重要な用語の理解は必須事項です。
正確な意味を知らなかった場合、見落としや誤解によって大きな損をしてしまう可能性もあります。

<保険者>
契約の対象になっている危険を引き受け、保険系や従者から保険料を徴収し、保険制度の管理運営を行い、保険事故が発生した場合に保険金の支払い義務を負う者のことで、生命保険会社がこれにあたります。

<被保険者>
契約された保険の対象となっている保険加入者のことです。
被保険者が契約者自身である場合と、契約者とは別人である場合があります。

<保険契約者>
生命保険の当事者として保険者と契約を締結し、保険料の支払い義務を負う人のことです。

<保険受取人>
保険事故が発生した場合に保険金の支払先として契約者が指定した人のことです。
契約者自身が保険受取人になる場合と契約者以外が受取人になる場合があります。
保険受取人は複数であってもよく、保険受取人の指定や変更は契約者の自由です。

<保険事故>
保険金支払いの条件となる事実のことです。
被保険者が死亡したりした時のほか、満期になった時もこれにあたります。

<保険期間>
保険事故が発生した場合に保険金の支払いが保険者によって保障されている期間のことです。
期間満了時に自動更新される契約もあります。

<保険料>
保険者の危険負担に対して契約者が支払う金額のことです。

生命保険の基礎知識

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ