生命保険の配当

保険における配当とは、払込金額に対して余剰金が生じた場合に戻ってくるお金のことです。
配当には通常配当と特別配当があり、運用実績に応じて支払われるのが通常配当で、3種類があり、10年経過した契約者に支払われるのが特別配当です。
元々、配当が支払われない「無配当保険」もあり、その分、保険料が安く設定されています。

配当の額は、運用実績や経営状態によるので、その金額は当然保険会社によって違ってきます。
そこまで考えて保険を選ぶ人はまだ少数派ですが、保険会社や保険商品に対する一般の知識が高くなってくれば、配当のよい会社に保険契約がスライドしていく可能性も少なくないと思われます。

通常配当 費差配当 企業を運営するための経費が予想より少なかった場合の配当。
死差配当 実際の死亡率が予想死亡率より低かった場合の配当。
利差配当 実際の資金の運用利率が予想の運用利率より大きかった場合の配当。
特別配当 10年以上継続している契約に対して支払われる配当。

生命保険の基礎知識

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ