解約返戻金

解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは、加入している保険を解約した時に戻ってくるお金のことです。
解約返戻金は次のように算出されます。

解約返戻金=支払い済み保険料-(事務経費+契約期間中の支払い保険金)

事務経費とは、契約締結時外交員に払う手数料のほか、契約の締結・維持・管理にかかる経費などで、そのほとんどは契約した時点でかかるものです。
契約期間中の支払い保険金とは、解約した本人だけに対してのものではなく、保険会社が契約者全てに対して支払った保険金のうち本人の分担する分になり、「責任準備金」を基に計算されます。

責任準備金とは、保険会社が支障なく被保険者に保険金を支払うために積み立てておく資金のことです。
加入してから年月があまり経過していない若い加入者の場合、この加入者が収めた保険料収入が支払い保険金を上回ることになりますが、この収支超過分を利益とはせずに積み立てておき、保険の支払いに備えるわけです。

定期保険の場合、保険金を支払う必要が無い場合も多いため、責任準備金の額は保険金に比べてそれほど大きいものではありません。
したがって、解約返戻金の額は小さいものになります。

養老保険など、満期保険金があるものについては、満期時に必ず保険金の支払いが起こるため、それにあてる分も積み立てておく必要があり、責任準備金の額は大きいものになります。
したがって、解約返戻金はそれなりの金額になります。

解約返戻金

生命保険の基礎知識

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ