変額保険と定額保険の違い

変額保険の仕組みを知るために、一般的な生命保険のタイプである定額保険と比較してみます。

変額保険と定額保険の比較

  変額保険 定額保険
資産の運用・管理 特別勘定 一般勘定
死亡・高度障害保険金 運用により毎月増減する。
(契約時に決めた最低保障額は保障される。)
一定金額が補償される。
満期保険金 資産の運用により増減する。
(保険金額の保障は無し。)
一定金額が補償される。
解約返戻金 資産の運用により毎日増減する。
(保険金額の保障は無し。)
保険料払い込み期間に基づいて計算された金額が保障される。

<一般勘定>
個人保険や企業年金資産などの一般の保険料を合同して一つの勘定で運用するものをいいます。
運用リスクは保険会社が負い、運用実績にかかわらず予定利率で定めた給付が保証されます。

<特別勘定>
変額年金保険など、運用成果を直接契約者に還元するために、会社の有する他の財産とは区分して運用される勘定のことです。
運用リスクは契約者の自己責任となり、死亡保険金を除き、給付額の保障はされません。

<最低保障額>
変額保険の満期保険金額は資産の運用実績によって増減するため保障されていませんが、死亡保険金額に関しては基本保険金額(最低保障額)が保障されているのが一般的です。

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ