生保各社が逆ざや解消で増配を検討

生命保険会社が契約者に約束した運用利回りを達成できず、不足額を穴埋めするいわゆる「逆ざや状態」の解消が進んできたようです。
2013年4~9月期に主要9生保のうち5社の運用実績が目標を上回り、2001年の数値公表以来初めて全体で運用上の利益が出たとのことです。

生命保険会社はあらかじめ運用利回りを約束し、運用実績がそれに届かない場合、穴埋めしなければならない仕組みになっています。
生保はバブル期に個人年金、終身保険など貯蓄性商品を中心に6%程度の高い予定利率で契約獲得を競った経緯がありますが、90年代以降の株安や国債利回りの低下で充分な実績をあげられなくなり、そのことが約20年の間、生保の経営の重荷になってきました。

2000年代初めの逆ざやは9社合計で1兆円を超えていましたが、昨年に逆ざやを解消した日本生命と明治安田生命が利益を拡大したのに加え、この4~9月期に太陽生命、大同生命、富国生命の3社も運用実績が目標を上回ってきたとのことです。
第一生命、住友生命、三井生命、朝日生命の各生保の逆ざやも縮小したもようで、生保9社の合計では400億円程度、運用実績が目標を上回ったとのことです。

逆ざやが減少した要因の一つとして、バブル期に契約した5%前後の高い利回りの保険が満期を迎えて減少するなどして2~3%まで下がってきたことがあげられます。
また、保険料を上げて予定利率を引き下げてきたことも逆ざやの縮小につながっています。
これに加えて、4~9月期は、アベノミクスによる円安、株高により資産運用益が大幅に増加したことも要因のひとつとなっています。

これを受けて、生保各社は契約者への利益還元の検討に入るとのことです。
生命保険では、運用利回りが約束した予定利率を上回れば、その分の利益は契約者に配当などの形で権限することができます。
予定利率の低い契約を中心に配当を増やす検討に入ると同時に、若い世代向けの保険料の引き下げを行い、新規加入の増加・促進につなげていくようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ