子供が社会人になったら見直しを考える

子供が社会人になれば、重い教育費の呪縛からは解放され、子供に対する経済的な責任から卒業です。
家を出て独立する子も多いと思いますが、自宅にいたとしてもこれは同じです。
今まで確保していた高額の死亡保障も不要になるので、生命保険を見直す機会の一つになります。
今後は、充実した老後の生活に備えるために保険を考えることが必要になります。

特約付き終身保険の場合、定期保険特約の死亡保障を削って医療保障を手厚くします。
死亡保障は子供がいない場合と同様に葬儀代+αの500万円程度あれば充分だといえます。
入院のための医療保障は日額10,000円を確保したいところです。

子供ができる年齢が高くなっているので、子供が社会人になった時点で次のステージである定年退職後のことを考えることが必要になる人も少なくないかもしれません」。

人生の節目での保険選び

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ