もっとも重視する保障項目として、男性の場合、最多は死亡保障で男性全体の30%強ですが、女性の場合、最多は医療保障で女性全体の30%強となっています

女性向けの保険の医療特約には、乳がんによる乳房切除手術、子宮がんによる子宮摘出手術・卵巣摘出手術を受けた時に給付金が支払われるものがあります。
さらに、2006年に乳房再建手術に公的医療保険が適用されるようになったため、この手術を保険金支払いの対象にするものも販売されています。
日本における乳房再建手術の実施率は切除者の1割程度と、欧米の5割に比べてまだ少ない状態ですが、今後は増えていくものと思われます。

女性向けの保険