養老保険の延長保険

養老保険の延長保険とは、保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金を一時払い定期保険の保険料にあてることによって、その時以降の死亡保険だけを継続する方法のことをいいます。
何らかの理由で保険料の支払いが困難になった場合、払い込み不要で死亡保障を延長することができます。
変更後の保険期間がいつまでになるかは解約返戻金の額によりますが、最長でも元の保険金以内が限度とされています。

解約返戻金が少ない場合は延長保険を利用することができません。
契約後、一定の年月が経過していないと利用できない場合もあります。
加入時から延長保険の利用を考えている場合は、よく確認しておくことが必要です。

養老保険

それぞれの事情をきちんと把握してアドバイスするためには、やはり面談による相談がベストです。保険会社の営業社員ではなく、中立な立場の経験豊富なファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれます。



もちろん、その場で加入する必要はありませんし、後日のしつこい勧誘もありませんので安心です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ